更年期は、生理不順から自覚することが多い理由

更年期というものは、誰にでも訪れるものです。そして、それまで順調だった生理の周期が乱れたことをきっかけとして、自分が更年期に入ったことを自覚する人も多いのです。更年期には、女性ホルモンのバランスが崩れ始めます。

そして、そのことが、更年期の始まりともなるのです。ただ、生理不順の裏に、女性特有の病気が隠れていることもあります。このことについては、注意したほうがいいでしょう。

更年期の生理不順

更年期に入ると、まず、生理の周期が短くなることが多いです。それまで30日くらいの周期だった人が、突然、20日くらいの周期になってしまうのです。

そして、人によっては、不正出血と間違えてしまうこともあります。ただ、本当に、不正出血だったりすることもあります。はっきりとわからない場合には、医師の診断を受けるといいでしょう。

生理不順による貧血に注意しましょう

生理の周期が短くなると、やはり、貧血が心配になることもあります。このような症状にも気をつけたいものです。また、更年期には、生理の期間が長くなってしまう人もいます。

このような場合にも、やはり、貧血につながってしまいます。更年期の生理不順は仕方がないと考える人もいます。しかし、貧血などの疾患の原因にもなると考えたほうがいいでしょう。

生理の周期が長くなります

更年期の始まりには、生理の周期が短いという状態が続いた後、生理の周期が長くなることが多いです。たとえば、2か月に1回とか、3か月に1回とかいった具合になってしまうのです。そして、最終的には、半年おきくらいになり、閉経に至ります。

そして、人によっては、その間に、不正出血などが起こることもあります。また、不正出血なのか、生理による出血なのか、判断しかねる場合もあります。不正出血は、婦人科の疾患の症状の一つだともいえます。やはり、きちんと医師の診断を受けたほうがいいでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です